AFIfans.net

AFIからのメッセージが掲載されました

リパブリックレコードのアーティストページ(http://www.republicrecords.com/artists/afi/)にAFIからのメッセージが掲載されました。

引用:BURIALS

Burials began in the fall of 2011.

Portishead was playing again. The Cure stood for three nights at Pantages. Moz was at the Shrine and we were in the Hollywood Hills, writing.

The room was tiny and dark. It jutted over Sunset. The Santa Ana’s breeched the cracks in the window sills. Trees enshrouded two of the low walls. Earth clung to a third. There we met every afternoon and wrote till the sun sunk into the Pacific.

Guitars reposed in cases on the thick 70’s forest-green rug. The computer slept on the table that stood between the couch and the bed in which I neurosed.

Come winter, a firebug began torching the neighbors’ homes. The sounds of sirens filled the air every night.

But with 2012 came further silence.

We wrote on―for over a year. The sounds grew from disquiet.

Then 2013 brought Gil Norton to afi by way of our manager’s flat screen. He spoke from England. We from a large conference desk in a West Hollywood house, steps away from the Troubadour.

We had all wanted to work together on Crash Love and were thrilled to be given another opportunity.

Gil’s passion and understanding was palpable even over the airwaves.

A union was made, an April date was set and during six weeks of spring Burials was tracked.

Not since 2000 had we finished a record in such short time.

Like our songs, the studio was new yet familiar.

When it was Ocean Way we’d spent nearly 12 months there.

Then, the historic studio was just as you’d envision the home of Pet Sounds.

Now East West, it features a rooftop garden and towering black-lit graffitied hallways. The tracking rooms remain unchanged.

Therein we played and sang and gave all of ourselves to the creation. Gil and his diligent engineer, Dan, did the same. They worked til the small hours of the morning – 7 days a week – even on Gil’s birthday.

Amidst the tension, we realized our 13 songs of Burials.

They’re exactly as we’d hoped, yet they’re no longer ours.

Take them.

– AFI

意訳:

ベリアルズ

ベリアルズは2011年秋から始まった。

ポーティスヘッドは再び活動を始めていた。ザ・キュアはパンテージシアター(※1)に3回立った。モリッシーはシュライン(※2)に、そして僕らはハリウッドで曲を書いていた。

部屋は小さくて暗かった。夕陽の縁が突き出ていた。サンタアナは窓枠の隙間を身に着けていた。木々は二つの低い壁を包み込んでいた。地球は三つ目にしがみついていた。そこで、僕らは毎日午後に集まり、太平洋から日が昇るまで書いていた。

ギターは70年代のフォレストグリーンの厚いラグの上のケースで休んでいた。コンピューターはカウチと僕がノイローゼの時にもぐりこむベッドの間のテーブルで眠っていた。

冬が来て、蛍が近所の家々を灯しはじめた。夜ごと、静けさのサイレンが空気を満たしていた。

でも、2012年はさらに静かに訪れた。

僕らは1年以上制作を続けていた。不安がそうさせていた。

そして、僕らのマネージャーのフラットスクリーンによって、2013年はAFIにギル・ノートンをもたらした。彼はイングランドから話してくれた。僕らは、トルバドゥール(※3)から歩いてすぐのウエストハリウッドの家の大きな会議机から。

僕らはクラッシュラブでも本当に一緒に仕事がしたかったし、別の機会が与えられたことに感激した。

ギルの情熱と理解は電波越しでさえ明らかだった。

連合が結成されて、4月の予定が組まれ、春の6週間でベリアルズは録音された。

2000年以来、こんなに短い期間でレコーディングを終わらせた事はなかった。

僕らの曲のように、スタジオは新しくても馴染み深いものだった。

僕らは12カ月近くをオーシャンウェイで過ごしていた。(※4)

その由緒あるスタジオは君が想像する通りのペットサウンズの本場みたいだった。

今は屋上庭園と黒く光ってそびえるグラフィティの廊下が特徴のイーストエンドにいる。レコーディングルームは何も変わらないと思い出させる。

そこで僕らは演奏し、歌い、僕らの全てを作品に込めた。ギルと彼の勤勉なエンジニアのダンも同じくだった。彼らは1週間ずっと深夜まで、ギルの誕生日にまで働いてくれた。

緊張の中で、僕らはベリアルズの13曲を顕した。

それらは僕らが確かに望んだもので、もう僕らのものじゃない。

受け取ってくれ。

AFI

※1 パンテージシアター=ハリウッドの劇場
※2 シュライン・オーディトリウム=ロサンゼルスの劇場。
※3 トルバドゥール=ハリウッドのナイトクラブ
※4 オーシャンウェイ=ハリウッドの著名なレコーディングスタジオ

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。